Koreana AUTUMN 2007 Vol.14 No.3
世界最高の文字、 ハングル
イ・サンギュ(李相揆、国立国語院 院長)
写真:クォン・テギュン(権泰鈞)、ソ・ホンガン(徐憲康)
Single Column Print Advanced Search
 
 
15世紀に創られたハングルは科学的で合理的な文字として 評価されている。果たしてハングルとはどのような文字であり、 いかにして創製されたのか。さらにハングルが韓国人の 言語生活に与えた影響を探ってみる。
.
世界には6千種類以上の言語があり、その言語を記録できる文字は3百余種類ある。そのうち韓国語を使っている人の数は2007年現在世界9位である。ハングルの理論体系上の科学性と創製原理の合理性は、世界の言語学者の間でも高く評価されている。ドイツの言語学者で、ハンブルク大学の教授だったヴェルナー・サッセ(Werner Sasse 1942~)は、「ハングルは伝統的な哲学の原理と科学的理論に基づいて創られた世界最高の文字」という賛辞を送っている。
.
.
いかにして発明されたのか
.
現在韓国人がハングル(Hangeul)と呼んでいる文字は、以前は『訓民正音(フンミンジョンウム)』と言われた。訓民正音は15世紀に創製されたが、当時すでに20世紀の現代言語学の理論・原理がすべて盛り込まれているほど不変的で優れた文字である。訓民正音は世界の他の文字の中でも、創製者と創製日が明らかな文字として唯一であり、文字誕生の由来から見ても、世界に類を見ない価値ある文字である。 1444年に朝鮮王朝(1392~1910)の4代目の王様、世宗大王(在位1418~1450)自らが文字を創った。この事実は『世宗実録』(世宗時代の歴史を陰暦の年月に従って60人以上の学者が記録した163冊の本)の第113冊、世宗28年9月調に載っていて、『訓民正音解例本』(文字を創製した目的と使い方が記されている本)の最後の所に書かれているチョン・インジ(鄭麟趾、朝鮮時代の文臣、学者。1396~1478)の記録でも明らかである。「癸亥年の冬に王様が正音28字を創製され(省略)これを訓民正音とお呼びになった(癸亥冬我殿下創制正音二十八字(省略)名曰訓民正音)」。続いて世宗大王は集賢殿(宮中に設けられた学問研究機関)に属された学者たちに自ら創った新文字の体系の解説書を執筆させた。この本が1446年陰暦9月初旬に刊行された『訓民正音』である。『世宗実録』第102冊、世宗25年12月条に「この月に自ら諺文(オンモン:ハングルの旧称)28字を創られた。(省略)これを訓民正音とおっしゃった(是月上親制諺文二十八字(省略)是謂訓民正音)」と記録されている。世宗大王が直接この文字を創製し、訓民正音と名づけたことがはっきりと記されている。
.
それでは訓民正音の創製目的を調べてみよう。 まず、世宗大王が訓民正音を創製した当時、中国には明王朝が建国され、中国語の標準音が南方漢字音から北方漢字音に変わった。中国の標準漢字音が新しく制定されたことを受けて、中国の漢字音と差異のある朝鮮の漢字音を調整して統一させる必要性とともに、新標準音を学習する必要性が生まれた。朝鮮の漢字音を統一して表す特別な文字が必要になったわけである。これが当時の歴史的背景からみた、訓民正音創製の一つの理由である。 訓民正音は今日我々がハングルと呼んでいる「文字」の旧名称であり、一方では「本」のタイトルでもある。また「訓民」と「正音」という二つの単語の複合語からなるが、「訓民」とは「民を訓える」という意味であり、「正音」とは「正しい音」という意味である。さらに「訓民」を二つの見方から考えることもできる。「民を訓える」という意味は、当時の王様と支配層の立場から支配下にある民に対しての言葉であり、民の立場からみると「民が学ぶ」、「民が使う」という意味が盛り込まれている。つまりハングル創製の目的は、使用主体が指導者なのか、それとも民なのかによって変わる。民の立場から見ると、どこに住んでいても、皆が通じ合い、また分かり合えることが正しい音である。『洪武正韻』(中国明の初期、800年間通用された音韻を北京の音韻に合わせるように作った韻書)。そのため、訓民正音は「民が使う正しい文字」であると同時に「我々の言葉を記す正しい音韻」という意味合いをも持っている。つまり世宗大王は民が文字を媒体とした生活を推進するためにハングルを創製したのである。ハングルは当時の中国の漢字音だけでなく、世の中のどんな言葉でも表記できる世界的な普遍文字(universal letters)で、他のどんな文字よりも実用的で民主的な文字といえる。
.
.
科学的で合理的な文字
.
性理学に基づいた陰陽五行説(宇宙や人間社会のすべての現象や万物の生成消滅を陰陽や五行をもって説明しようとする理論)と、科学的な音声発話の原理に基づいて創られたハングルは、文字の中に音の字質が内在されているという、非常に巧妙で神秘的な字質文字である。陰陽五行の哲学的原理を基に上下、左右対称や、画を加えることによって音素の弁別的字質を表示し、また子音と母音は合字の原理によって音節の単位にまとめて書くこともでき、横書き、縦書きとも可能である。人の声はもちろん、風の音などの自然音や鳥のさえずりまで表記できる文字である。 ハングルが創製された当時は、11個の母音と17個の子音、合わせて計28個であった。母音は天、地、人を象って「A、I、H」という三つの基本字を創った。この三文字を元にして陰陽の対立に従い、また五行(宇宙万物を構成する五つの元素。金、水、木、火、土)と五つの方位(東西南北と真ん中)の哲学的原理に基づいて他の母音を創った。 子音は発声器官で音が発声される部分または、その部分が変わる形を象って創った。「牙音M、舌音N、脣音P、歯音R、喉音S」の五つの基本子音と、音の特性に従って全清(平音)、次清(有気音)、全濁(有声音)、不清不濁(鼻音・流音)に区分した。これら子音を基本にして画を加える加画の結合原理と異体字を適用すれば、数十個の音を表記できる文字が創られる。 母音と子音は初声・中声・終声の合成原理に従って音節文字を創る。印刷作業にもっとも向いている組合せ文字である。
.
.
ハングルの特徴
.
1990年代半ば、言語学研究で権威あるイギリスのオクスフォード大学校の言語学科で、合理性、科学性、独創性などを基準に30種類の文字を評価した結果、ハングルがトップとなった。既にユネスコ(UNESCO)で1989年に「世宗王識字賞(King Sejong Literacy Prize)」を創設し、人類の文盲率低下に貢献した団体または個人を選び授与している。訓民正音の原本は世界記憶遺産(Memory of the World Register)に登録された。 ハングルと他の文字を比べてみると幾つかの特徴が見える。イギリスの言語学者、ゴフリー(Geoffrey Sampson)は、ハングルが科学的にもっとも優れた「字質文字」と規定した。またオランダの言語学者、ハワード・フォス(Howard F. Vos)もハングルこそ世界で一番すばらしい文字であると述べた。さらに日本の麗沢大学の梅田博之教授はハングルが世界的に見てもっとも進んだ音素文字であると同時に、ローマ字よりもレベルの高い字質文字であると評価している。 それではハングルの特徴を一つ一つ調べてみよう。 第一に、ハングルは音素文字でありながら初声・中声・終声をまとめて音節単位に表記することによって、音節を視覚的に見せるユニークなシステムをもっている。つまり音素文字の長所と音節文字の長所を併せ持っているわけだ。 第二に、字形が非常にシステマティックで、同じ系列の音声は共通点を持っている。ハングルはまず基本字を創って、それを中心にして残りの文字を基本字から派生させるという二元的構成からなっている。また音声的に同じ系列に属しながら文字の形が共通点をもつように工夫した。 第三に、創製の過程が非常に科学的且つ独創的である。子音字は発音器官を象って創り、母音字は天、地、人を象って創った。文字を創製する際、代表的な音を発音する時の発音器官に着眼したのは非常にユニークである。 第四に、ハングルは他の文字を模倣せずに新しく創られた、いわゆる「新制文字」である。文字の歴史上、比較的後代に創られたハングルは、既存の文字が長い年月をかけて変化したり、発展してきたものではなく、ある時期にいきなり誕生したのである。他国の文字を時間をかけて変えたのではなく、まったく新しいシステムの文字を創りだすということは、文字歴史において稀である。 第五に、ハングルは子音と母音を音節単位にまとめて、もう一つの字を形成するという独特の営み方をしているが、これを「まとめ書き」と呼ぶ。ハングルは子音と母音を分離して音素文字をつくり、それをまた音節単位にまとめて書く文字である。この表記方式は字が読みやすく誰でも簡単に学べるメリットがある。 第六に、パソコンや携帯電話にハングル文字で入力することは非常に簡単で、音声認識プログラムを通じて音声のシグナルを文字に切り替えるソフトの制作にもハングルは非常に向いている。このようにハングルのすばらしさとは、書きやすくて学びやすいため、文盲率をほぼ0%まで引き下げることが可能で、どんな言語でもほとんど表記できる表音文字としての長所をもっていることであろう。たとえば、日本語の約350の音節と中国語の約420の音節をほぼ完璧にハングルで表記することができる。 このほかにもハングルは、横書き・縦書きどちらの表記も自由自在で、子音・母音の組み立てや、子音・母音が一つの音節の文字の中で占める位置が非常に規則的である。例えばハングルには初声・中声・終声があるが、一文字を書く時に、終声の子音・母音は初声のそれをまた書き、終声は任意的であるが、初声と終声は必然的であるため、音節文字の構成方式は非常に規則的である。
.
.
名称の変化
.
ハングルの創製当時、上流階級の両班は中国中心の事大主義に偏っていたため、漢字を重んじ、新文字ハングルの歓迎はおろか、評価すらしなかった。そのため漢字で書いた文章は「真書(真の文章)」と呼び、ハングルで書いた文章は「諺文(上品でない文章を書く文字)」と呼んでいた。さらに男尊女卑の社会観念からハングルを主に女性が使う文字という意味の「アムクル」とも呼んだり、また漢文を学べなかった子供たちが使う文字という意味の「アヘッグル(子供の文字という意味)」と呼んでいた。さらには便所で読む文章といって「ディッグル(後ろの文字という意味)」とも呼ばれていた。 ハングルは漢文が読めない人々のために、諺解資料が多く伝わっている。国や地方の官庁、またはお寺や民間において漢文で書かれた様々な文献を諺解し普及させたことで、ハングルの生命線を維持してきたわけである。特にハングルの命脈を400年以上も維持できた背景には、朝鮮時代の女性の努力に負うところが大きいといえよう。当時の女性たちは男性に比べて勉強する機会に恵まれなかったため、習いやすいハングルを使って手紙や歌辞などを書いたのである。 その後、朝鮮が解放される時期になって近代化とともに民族の精神を新しく認識するようになり、我が民族固有の文字であるハングルの価値を高く評価するようになり、「正音」、「国文」などの名称も使われるようになった。「ハングル」という名称を初めて使った人はチュ・シギョン(周時経 1876~1914 国語学者)先生である。訓民正音から「アムクル、諺文、ディッグル、正音、国文」などの名称で呼ばれていた文字がようやく「ハングル」という名前で定着したのだ。ちなみに北朝鮮では「朝鮮グル」と呼ばれている。 現在のハングルは世宗大王が創製した当時の文字に比べてやや変化した。消滅した文字もあれば、音価が変化した文字もある。「U、T、W、V、X、S」などの文字は姿を消し、「Y」の音価は[ts]→[tコ]に変わるなど、文字の消滅と音素の体系的な変化が起こった。現在のハングルは、14字の字音と10字の母音からなっている。
.
.
言語生活に与えた影響
.
現在韓国は情報産業の技術力と高度なコンテンツ基盤、それに優れた文化演出をリードできるダイナミックなパワーを有している。この情報文化のパワーの背景にはハングルという文字がある。実用的な利便さを追求した世宗大王の未来に対する想像力は、21世紀の情報化時代を迎えて、その真価が表れているのだ。 高レベルのデジタル情報をどこの国よりも早く構築できた力は文字にあったのだ。ハングルは世界中の文字の中でも、もっとも合理的且つ科学的であり、デジタル技術で組み合わせやすい文字である。韓国人はインターネットを通じて世界の人々に出会い、様々な貴重な情報と知識を共有するという知的民主化の時代を生きている。情報化のおかげで韓国人は知的レベルにおいて、ほとんど偏差のない生活を営んでいるのだ。 韓国は携帯電話のテクノロジーで世界をリードしており、また携帯電話の文字メッセージを通じてより早い速度で個人情報を交換している国でもある。携帯電話のハングル入力の原理は、字音と母音を加画する原理に基づいたものである。 さらにハングルはアートの世界でもユニークな素材として用いられており、ファッションデザイナーの衣装、携帯電話、ネクタイなどの様々な分野に応用され大衆的な人気を得ている。このようにハングルは単なる意思疎通の手段に止まらず、文化産業部門とも提携できる可能性が十分あることが証明されている。 海外においてもハングルを活用した例が少なくない。ユネスコの玄関にはハングル表記のデザイン作品が展示され、イギリスのヴィクトリア博物館(Victoria and Albert Museum)の入り口にもハングルの造形物が展示された。東京の地下鉄にもハングルで書いた案内板があり、中国東北に立てられたサムスンの道路公告にもハングルが併記されている。 ハングルは世界の人々の言語生活にも影響を及ぼしている。これからは、文字を持たない国の人々のために、ハングルを使ってもらえるように取り組むことが課題である。世界の人々と人類の過去と未来について語り合えるハングル共有化に取り組んで生きたい。
 
 
 
     
Copyright © 2003-2008 The Korea Foundation. All Rights Reserved.
Comments and questions to koreana@kf.or.kr
Tel (+82-2) 2046-8564 / Fax (+82-2) 3463-6086